審美歯科

審美歯科とは、「歯が痛くなったら行く」むし歯や歯周病治療などの歯の機能面に対しての治療とは異なり、保険適用外で、歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、その他特殊な材質による人工歯などの治療法によって、歯の美しさに焦点を当てた治療です。

歯の詰め物

自費診療と保険診療

むし歯が進んでしまうと、金属などをかぶせたり、抜いた場合は、両側の歯で支えるブリッジをつけたりする治療が必要になります。残念ながら全ての治療に保険がきくわけではありません。しかし「歯は大事だから、しっかりとしたものを」と保険治療ではなく、自費での治療を選ぶ方法もあります。歯科には、保険診療を受けるか、保険を使わない自由な診療(自費)を受けるかという、全く異なる2種類の診療があります。

美しい口元を追求するならゼノスター

材質
ジルコニア(セラミック)
誰もが夢見た、理想的な、体に優しく、白くて、丈夫で安価な補綴方法です。
ゼノスターは、生体親和性が良く、供給する価格が安定している素材『ジルコニア』を使用します。審美性にも優れ、歯科の白い材料の中で一番強度があります。
  1. 美しいジルコニアは素材自体が白く、透過性があるため、審美性に優れ、ブラックマージン(補綴物と歯茎の境目にできる黒いライン)を防ぎます。見た目が美しく、大きく口を開けて笑うことができます。
  2. 安全生体親和性が高い物質です。従来の歯科用金属と比べ、金属アレルギーの心配が大きく軽減されます。人工関節で使用されるほど体に優しい材料です。日本国内の薬事承認も取得したジルコニア素材を使用し、日本国内で製作加工された"Made in Japan"のクラウンです。
  3. 強い歯科の白い材料の中で一番強度があり、お口の中の様々な状況にも耐えられる頑丈さを持っています。
  4. 軽い従来の歯科用金属と比べ、重量が3分の1と軽量です。違和無く、自然な噛み心地です。
  5. 低コスト金属は価値があることから投資の材料であるため、価格が左右されやすく、安定した価格で提供できません。金価格が上昇すると、歯科用金属も価格が上昇するため、患者様への負担が大きくなります。ジルコニアは低コストであるとともに、金のような投機の対象ではないため、価格がとても安定しています。

ゴールド

材質
主成分は金
金箔などで知られるよう伸展性に富んでおり、削った歯との適合が非常に優れています。そのためピッタリと歯に収まるため、歯の隙間から、新たな虫歯が出来にくい状態を保つことが出来ます。
特徴
伸展性に富んでいる為歯にフィットし、二次的な虫歯になりにくい。周囲の歯も傷めにくいので歯に優しい。金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が少ない。

セラミック

材質
陶材
天然の歯と同じ色で作ることができるため、光沢・透明感があり、非常に綺麗で将来にわたっても衰えることはありません。時間が経っても変色せず、歯垢ももつきにくいです。
特徴
金属を使用しないので歯や歯茎の変色の心配がない。
金属を使用しないので金属アレルギーの心配がない。
より自然な色調を再現出来る。

硬質レジン前装冠(保険・自費診療)

材質
表は合成樹脂 中身は金銀パラジウム合金
上下顎共、硬質レジン冠が適用となるのは、前歯6本のみとなります。それ以外の歯に関して、白い色の詰め物は保険対象外になり、自己負担になります。この場合、歯質に近い色を再現出来るのは、頬側面部・唇側面部となり、咬合面部、隣接面部、口蓋・舌側面部はメタル(金属)となります。
特徴
合成樹脂(プラスチック)は、吸水性があるため変色しやすい。
合成樹脂はすり減りやすい為、毎日の歯ブラシ等により中の金属が見えることがある。
金属部分は、金銀パラジウム合金のため、時間が経つとさびて溶け出し、歯ぐきが変色したり 金属アレルギーを引き起こす可能性が高い。
透度が少ない。

ホワイトニング

輝く白い歯はみんなの憧れですね。歯に自信が持てれば気持ちも明るくなり、周囲の人への印象もガラリと変わります。タバコやコーヒー・紅茶などにより歯が変色したり、年と共に変色してきた・・・といった悩みを持っている方も多いはずです。

着色・変色の原因

ステイン(色素沈着)

ステインは、タバコ・コーヒー・お茶・紅茶・赤ワイン・カレーライスなどの色素の強い飲食品や、嗜好品の摂取により起こります。全体的に色がつきます。

失活歯

虫歯などで歯の神経を取った歯のことを、失活歯といいます。そこにセラミックの人工材料をかぶせたり貼り付けたりしていない場合、歯の色が少しずつ茶褐色に変色していきます。

先天性

同じ日本人でも、髪の毛の色や、肌の色に多少の差があるように、歯の色にも個人差があります。これが先天性の着色です。また、胎生期における母親の薬剤長期使用により、強いグレー色が出る場合があります。

むし歯

虫葉の進行で、歯質が変色して、茶色~黒色へと徐々に変色していきます。

加齢

肌のきめ細かさや、髪の毛のつやと同じで、年齢とともに歯の色は全体的に暗い感じに変色していきます。また、細かなヒビが入ってしまい、その部分に着色ができることもあります。

充填物や補填物の変色

前歯の小さな虫歯では、コンポジネットレンジと呼ばれる硬質のプラスチックを、虫歯で削った穴につめます。この硬質プラスチックは、吸水性があるために経年的に変色します。

歯周病による歯根の露出

歯に色素が着色するのは、歯茎より上の部分です。

通常健康な歯肉の状態であれば、歯冠部のみしか出ていませんが、歯周病が進行しているケースでは、歯茎がやせることにより、歯根の部分が露出してしまい、歯根元来の色が気になってくることがあります。

お手軽なホームホワイトニング

みずたにデンタルクリニックでは、歯科医師の診断の後、ご自宅で簡単に行える「NITEホワイト・エクセル」を取り扱っています。歯を傷つけることなく、短期間で安全に歯を漂白することができますので、忙しい生活の中でもホワイトニングすることができます。

日本で初めて厚生労働省により認可された新しいホワイトニングシステムであり、現時点でのホワイトニングでは、最良の結果が得られるとされています。

歯ぐきの美白(メラニン除去)

日焼けや、お肌のシミの原因となるメラニン色素。ハグキが黒ずむ原因は、日焼けと同じメラニン色素です。専用のお薬で、メラニン色素を取り除けば、ハグキは健康なピンク色の歯肉を取り戻します。 歯肉の変色度にもよりますが、通常2回ほどで、きれいな色を取り戻せます。

歯のクリーニング(PMTC)

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleanigの略で、クリニックで行う専門家(主に歯科衛生士)による歯の清掃のことです。

カリエスリスク(虫歯にかかる率)の高いお口の中や、歯周病になりやすい、もしくはなってしまったお口の中の環境を、原因になる細菌が住みにくくなるような環境にしていきます。

虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)という細菌の固まりが、歯の周りや歯と歯茎の境界部分に存在しています。このプラークはバイオフィルムと呼ばれるフィルム状の薄い膜に覆われており、しっかりと歯の表面にへばりついています。

そのため、自宅で行う通常のはみがきでは、どんなに丁寧に磨いても、プラークの30%~40%程は残ってしまうといわれています。

PMTCの効果

  1. ハグキの下の歯石を完全に除去することで、歯周病疾患を改善する。
  2. バイオフィルム(細菌の住みか)を破壊し、歯石が再び付着することを防ぐ事で、虫歯の予防になる。
  3. 着色を除去し、光沢ある歯の表面に回復させ、審美性が向上する。
  4. フッ素を塗る。フッ素には歯質の強化の他にも、抗菌力がある為、殺菌の活動を抑制させたり虫歯の予防効果がある。

特に項目2のバイオフィルムは、様々な弊害を引き起こします。

主な弊害として心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、老化、早産などがありますが、どれも簡単に無視できるものではありません。

このように、歯のクリーニング(PMTC)をすることによって全身の健康維持にも大きく貢献することができるのです。

こんな方におすすめ

  1. 歯の表面についた汚れをすみずみまで落としたい
  2. 歯周病を予防したい
  3. 虫歯の予防もしたい
  4. 健康でいたい

Page Top

ポリッシング

毎日きれいに歯を磨いているつもりでも、なかなか歯をきれいに磨くのは難しいものです。特に「コーヒーやタバコの無い生活は考えたことも無い」というヘビーユーザーの歯の表面には、必ずと言っていいほど、汚れの膜が出来てしまっています。食べかすや歯石は、歯磨きでとることが出来ますが、これらの膜はプロの手でクリーニングしなければ、取ることは難しいとされています。

ポリッシングは、歯を削ることもなく歯を本来の白さにすることができます。汚れを落とした後、再び歯に汚れがつかないように、専用の研磨剤で歯にワックスがけをし、歯をツルツルに仕上げます。

白い歯を維持するには

PMTCやポリッシングでは本来の歯の色に戻しますが、さらに白さを求めるのであれば、ホワイトニングをお勧めします。

ホワイトニングを一度おこなうことで、永遠の白さが手に入ると思っている方もいると思いますが、実際は違いますPMTC、ポリッシングも、同様です。いかに長い間、健康で白い歯をキープ出来るかは、正しいホームケアと生活習慣、そして定期検診が、白さをキープするのに大切な要素となります。

ホワイトニング・メラニン除去 Q&A

ホワイトニング Q&A

ホワイトニングに使用する薬剤は安全ですか?
体に対する害は心配しなくて大丈夫。
ホワイトニングの漂白剤のベースとなっている過酸化水素は、FDA(米国食品医薬品局) で安全性が認められており、心配する必要はありません。
どんな人でも使用することができますか?
どのような方でも使用することが出来ます。
過酸化尿素を使ったホワイトニングについては、多くの研究と臨床例が報告されております。 また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安 全に使用することが出来ます。
どのぐらいの期間で歯が白くなりますか?
約2週間で白くなります。
通常は数日後に現れ始めます。個人差にもよりますが、2週間続けることで効果がはっきりでます。
副作用はありませんか?
知覚過敏が起こる場合があります。
一般的ですが、知覚過敏(歯がしみるような症状)が起こる場合があります。その場合も、治療を中断することにより症状が軽減、もしくは消滅しますので、安心して使用することができます。
効果はどのくらい持続しますか?
個人差にもよりますが、処置前の状態に戻ることはありません。
一般的には処置前に戻ることはありませんが、カフェインやタバコなど着色の原因になるものを摂取している場合は、再度ホワイトニングが必要になる場合があります。

メラニン除去 Q&A

施術中痛みませんか?
わずかにヒリヒリする程度です。
また黒ずんできませんか?
メラニン色素の沈着の原因は、口で呼吸したりタバコなどで、ハグキに刺激が加わっているためです。ですから、その原因をなくさない限り再発します。

きれいな歯並びで健やかに美しく 歯列矯正できれいな笑顔を手に入れませんか


診療内容
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • 高齢者歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 小児歯科
  • 訪問診療
  • 訪問歯科診療申込書ダウンロード
  • 無料送迎サービス
  • TEL 06-4254-3666
  • 〒535-0001
    大阪市 旭区 太子橋1丁目1-1-101
    地下鉄谷町線「太子橋今市駅」
  • 駐車場完備
  • アクセスマップはこちら
  • スタッフ募集
  • Facebook

Page Top