噛み合わせ治療

噛み合わせについて

噛み合わせについて“噛み合わせの問題”と聞くと、多くの方が歯並びの見た目の問題をイメージされると思いますが、歯並びは見た目だけでなく、虫歯や歯周病などの病気を招いたり、お口のバランスが崩れて顎関節症の要因となったりするなど、様々なトラブルを引き起こすことがあります。
またお口だけでなく、全身のバランスが崩れて肩こり、腰痛、頭痛などの不定愁訴と呼ばれる症状の原因となることもあります。

このように噛み合わせはお口、そして全身の健康と深い関わりがあるもので、大阪市旭区のみずたにおとなこども歯科クリニックでは、こうしたトラブルの改善・予防のために噛み合わせの治療を行っております。

噛み合わせに関するこのようなお悩みはございませんか?

  • 硬いものがしっかり噛めない
  • ものを噛むと顎が疲れる
  • 顎を動かした時に関節が痛む
  • 顎を動かすと「カクカク」などの異音がする
  • 大きく口が開けられない
  • 歯ぎしり・食いしばりがひどい

このようなことでお悩みの場合、噛み合わせに問題があるかもしれません。
気になる症状がございましたら、お気軽に当院へご相談ください。

噛み合わせが悪くなる原因となる3つの習慣

1歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしり・食いしばりにより顎に過度な力が加わることで、噛み合わせに問題が起こる場合があります。

2お口まわりの悪い癖

爪を噛んだり、舌で前歯を押したりするお口まわりの悪習癖があると、噛み合わせの問題を引き起こすリスクが高まります。

3悪い姿勢・頬杖

悪い姿勢をずっと続けたり、いつも決まった方の肩でバッグを持ったりすると、全身のバランスが崩れて噛み合わせにも影響することも。
また頬杖をつくのも噛み合わせに良くなく、歯並びや噛み合わせに悪影響をおよぼすことがあります。

噛み合わせの悪化がもたらす様々な悪影響

虫歯・歯周病リスクが高まる

噛み合わせが悪いと汚れが溜まりやすくなったり、歯に過度な負担がかかったりして虫歯・歯周病のリスクが高まります。

詰め物・噛み合わせに負担がかかる

噛み合わせの悪さはお口の中のバランスを崩し、特定の部分に過度な力が加わるなどして、治療で入れた詰め物・被せ物に負担がかかって寿命を縮めてしまう恐れがあります。

顎関節症の原因になる場合も

顎関節症の原因として様々なことが挙げられますが、噛み合わせの悪さも原因の1つして考えられます。

肩こり・頭痛などを引き起こす

噛み合わせの悪さが、お口だけでなく全身のバランスにも影響することで、全身の様々な部分に負担がかかり、肩こりや頭痛、腰痛などの不定愁訴を引き起こすことがあります。

当院で行う噛み合わせ治療

生活習慣を見直す

悪い噛み合わせの原因となる、歯ぎしり・食いしばり、舌を前に突き出すなどのお口まわりの悪習癖、そして頬杖をつくなどの悪い姿勢を見直して、噛み合わせの改善をはかります。

鎮痛剤・消炎剤の処方

鎮痛剤・消炎剤の処方噛み合わせの悪さにより顎に負担がかかり、痛みや炎症がある場合には、それを抑えるために鎮痛剤や消炎剤を処方いたします。

スプリント矯正

透明で軟らかい素材のマウスピース型の装置を装着してもらい、顎に過度な負担がかからないお口の位置を覚えていただきます。

マウスピースによる治療

スプリント矯正睡眠中の歯ぎしり・食いしばりを改善・予防するために、マウスピースを装着して眠っていただきます。
これにより、歯の磨り減りや噛み合わせの問題を抑制することが可能です。

矯正やセラミック・補綴治療

矯正やセラミック・補綴治療矯正装置で歯を動かし、歯並び・噛み合わせの問題を解消する矯正治療のほか、入れ歯やインプラントなどの補綴治療、また詰め物・被せ物の調整などの方法で、今、お口の中で起こっている噛み合わせの問題の解消に努めます。

TOPへ戻る
TEL:06-4254-3666tel.06-4254-3666 WEB予約はこちらWEB予約はこちら LINEでご予約・お問い合わせLINEでご予約・お問い合わせ

〒535-0001 大阪府大阪市旭区太子橋1丁目1-1-101

tel.06-4254-3666
WEB予約はこちら
矯正予約はこちら
日・祝
9:00〜12:30 往診
14:00〜18:30 往診
  • …9:00〜15:00
  • 休診日:日曜・祝日
  • 平日の昼休みも往診を行っております。お気軽に御相談ください。
  • 緊急を除きまして、基本的に予約制となっております。
    ご予約は3日前までにお願いします。
こどものはいしゃさんはこちら